スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

キシャヤスデ

キシャヤスデ

明日、7月8日は講演会があります。皆様お越し下さい。


さて昨年(2016年9月)になりますが、木祖村の渓流で釣りを楽しんでいたところ、写真の生き物の襲撃にあい、退散して参りました。。

1707_1.jpg


1707_2.jpg


吉田先生にお聞きしました。

「写真を見ると、キシャヤスデの7令幼虫で、大発生中。このヤスデは、地中にもぐり、越冬し2017年5-7月に休眠・脱皮し、9月に体長3-4cmの成虫となる。成虫は地表面に移動し、餌を取り、集団で、徘徊をする(大発生という)。再び土中にもぐり冬を過ごし、翌春の5-7月に交尾・産卵し、成虫は死亡する。キシャヤスデとは、「列車を停めたヤスデ」の意に由来する。ヤスデは多足類で、ムカデ・ゲジの仲間で、人が嫌う動物の一種です。八ヶ岳山麓を走る小海線の、野辺山-清里駅の間で、8年周期で、大発生を、繰り返している。列車がレ-ルの上に集まつた大量のヤスデをひいて、ヤスデの体から出た油で、スリップし、運休することがあった。長野県では八つの異なるキシャヤスデ集団がみつかつています。今回の発生地は今年の2017年に発生するので、前回は2009年、2001年、1991年、1988年、そして、1977年に大発生が観察されています。乗鞍、奈川、大野川、鈴蘭、白骨、稲核、木曽福島、開田村、権兵衛峠地域に限定されています。」

お話を伺っていると、今年の9月に行く気が失せてきました、、、(am)

スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。