FC2ブログ
 

汚水桝(おすいます)、ご存じですか?

汚水桝(おすいます)、ご存じですか?

 台所の排水はどこへ流れて行くのでしょうか?汚水桝(おすいます)、ご存じですか?

 

 最近、各市町村のホタルの出ている水路や堰の水路を散歩して気が付いたことがあります。一部の側溝が白く濁り、どぶ臭い臭いがします。よく見ると、側溝にアパ-トなどから各家庭の雑排水が直接流されていたのです。アパ-トの大家さんが対応しなければいけないことでしょう。市の下水道が出来る前に建てられたアパ-トなのでしょうか?

現在は、各家庭の台所で使われた雑排水は、専用の排水管で、市町村が敷いた下水管に直接つながっています。

 雑排水が、どんな状態で、下水管に流れ、どう処理されているのか?我々は知る余地もありません。

 以前は(昭和の時代までは)、各家庭で個々に対応していて、台所からの雑排水は、台所から流れ出て、専用の排水管で、外の空き地に持っていき、そこに30cm四方で、深さ40-50cmのコンクリ-トでできた汚水桝を埋めて、そこへ台所からの排水管を接続させ、汚水桝に排水を溜める。1日2-3回の台所の使用で、汚水桝に水がたまり、一杯になると汚水桝の排水溝より専用の排水管で、下水溝へと流れる。

汚水桝では何が起きているのでしょうか?雑排水が入ると、そこでは汚水菌(汚水真菌)が最大に成長し、酸素を取り込んで、残差物を分解し、ます底に汚泥が堆積します。この汚水桝では、時間経過と共に、ツリガネムシやラッパムシなどの繊毛虫が生じ、次いでワムシやゾウリムシなどが発生し、それらの微生物や残差物を食べ、分解していきます。台所は一日、2-3回使用するので、その都度ごとに、排水が外の汚水ますに流れ出す。この繰り返しの過程で、時間の経過に伴い、イトミミズやユスリカの幼虫が発生します。水が流れていない時など、この汚水ますの水の中で、赤いイトミミズの集団(塊まり)が、ゆらゆらとゆれて活動しているのを見る事が出来ます。以前は、このイトミミズを採取し、メダカや飼育しているサンショウウオの幼虫のエサに使ったこともあります。この汚水桝で台所の排水の残差物がかなり分解され、きれいになって、下水溝へと流れて行くのです。現在では、この過程はみられません。水が流れると、そこに汚水が入ると、上で述べたような分解過程が多数の、菌やツリガネムシ等の繊毛虫等の微生物や、イトミミズなど多様な生物の働きにより、「自浄作用」と呼ばれる過程が見られます。

 数か月に一度は、汚水ますの底に溜まった泥をかきだし、掃除をしたものだ。

    

  理事長    𠮷田 利男

スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索