edit-notes16.png --.--.--.
ichiran16.pngスポンサー広告

スポンサーサイト

⇒ 続きを読む

講演会開催しました

平成29年7月8日、第12回講演会を開催しました。約50名の方々に出席して頂きました。 講演会ではパネルディスカッションも行われました。講演会の様子は改めて研究集録として取り纏める予定です。参加して頂いたみなさま、協力して頂いたみなさま、ありがとうございました。...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png
2017.07.27. ichiran16.png未分類

講演会開催しました

キシャヤスデ

明日、7月8日は講演会があります。皆様お越し下さい。さて昨年(2016年9月)になりますが、木祖村の渓流で釣りを楽しんでいたところ、写真の生き物の襲撃にあい、退散して参りました。。 吉田先生にお聞きしました。「写真を見ると、キシャヤスデの7令幼虫で、大発生中。このヤスデは、地中にもぐり、越冬し2017年5-7月に休眠・脱皮し、9月に体長3-4cmの成虫となる。成虫は地表面に移動し、餌を取り、集団で、徘徊をす...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png
2017.07.07. ichiran16.png動物

キシャヤスデ

第12回講演会を開催します

講演会を以下の要項で開催します。皆様ふるってご参加下さい。第12回川の自然と文化講演会「語り継ぐ安曇野をめぐる水と暮らし(その3)」[演題・講師]○演題1:「御船祭りと川と海と-海を慕う”こころ”-」(倉石忠彦先生:國學院大学名誉教授)○演題2:「変わりゆく千曲川・犀川の魚類と漁業」(北野 聡先生:長野県環境保全研究所)○パネルディスカッション:安曇野の川の自然と歴史文化に関する課題と今後の取り組みに向けて...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png
2017.06.12. ichiran16.pngお知らせ

第12回講演会を開催します

安曇野の初夏

ゴールデンウィークも終わり、安曇野も一気に新緑の山となってきました。連休中の安曇野(東山山麓の沢沿い)ではニリンソウが花盛りでした。ニリンソウは、春植物として知られており、春先に日の当たる沢沿いの落葉広葉樹林下等でよく見られます。上部を被う広葉樹の葉が茂り、林床が暗くなる頃、地上部は枯れ、次の春までの長い時間を休眠して待っています。 初夏の訪れを感じさせるチゴユリも咲き始めました。 ...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png
2017.05.08. ichiran16.png植物

安曇野の初夏

研究集録第8号、第9号を発刊しました

平成28年7月に開催しました第11回「川の自然と文化」講演会「語り継ぐ 安曇野をめぐる水と暮らし」における小松芳郎氏、中村寛志氏の講演内容をもとに編集した研究集録第8号、第9号を発刊しました。会員の皆様には無料配布いたしております。会員外の方で入手ご希望の方は事務局までメールまたは電話にてお問い合わせ下さい。   ...

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png
2017.05.08. ichiran16.pngお知らせ

研究集録第8号、第9号を発刊しました


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。